感謝の心

 昨晩東京からお客様と一緒に新幹線で名古屋に帰りました。ここ数年商売が面白くない、なんでも当たり前になっている。 確かにそう思います、安くて当たり前、日本人の商売の精神はどこに行ったのだろうか、私自身ももう一度振り返るいい機会になりました。笑顔と感動と言いながら自分自身人に接するに当たり感謝の気持ちで常に心掛けているか、当たり前と思っていますね・・家内にしても当たり前だと、基本ベースから直すように今日から家内のいうことは感謝の気持ちでいうことを聞き、感謝の気持ちでお願いします。当然すべての人に対してですが、人生のこされた時間を感謝しまくりで生きていきます。 今大阪に向かっています・・今日もスタッフお客様に感謝しながら素晴らしい日にします。

う~ん

  ある本で、貧乏になる男は恐怖と不安を意識して行動しているのに対して、金持ちになる男は豊かさを意識して行動する。自力で財産を築いた人たちは、周到に計算してリスクを取る。たとえ失っても取り戻せると考えているから。私は、小銭をためることもしないが、お金持ちになりたいと思いながら、じゃいったいくら儲けたいのかという具体的な目標がないなと本を読んでみて気づく。以前孫さんが、困ったときは遠くを見て考えると言われました、確かに目先の売上利益だけにとらわれていては、成長できないと思う。 こんな苦しい時だからこそさらに大きく物事を考え、遠くを見据えて毎日を過ごさなければと・実際は貧乏思考だったような気がする。 今日は東京です・明るく元気にお客様に笑顔と感動を提供できるように背筋を伸ばして頑張ります。 感謝

楽しむ

 すべての出来事は、自分の受け止め方次第で楽しくもあり苦しくもあり、どうせ受け止めるなら楽しく受け止める方法を身につけたい。 先が見えないときは何が起こるかわからないから楽しい。 ようは受け止め方だけだと思うが、昨晩の勉強会の仲間でも、受け止め方の違いでずいぶん違ってきたという場面が想像できた。 でも、毎日毎日積極的に受け止めているかどうか、私も自信がないんついつい心の中であいつのせいでとか・・残念な思いがふとよぎる・・だめだめそんなとハッとすることが多々ある。 貴重な時間をどう使うかは自分次第だが、今は充電する時だと・・仲間からCDをいただいた、早速今日岐阜行く間に聞こうと思います。 壁にぶち当たった時が成長できるチャンスだと信じて今日も一日素晴らしい一日にします、お客様に感動と笑顔を提供するために・・感謝
背筋を伸ばして

仕事の中身

  多用な煩雑業務に任せて仕事をこなしてばかりいると、麻痺してくるなと最近思います。 心を込めた仕事はお客様に笑顔と感動を伝えることができます。 つくづく今の自分が情けなく感じる・・そうゆうスタッフ育成が急務だと・・今までの経験も確かに大切だがそれだけでは、やはり世界の荒波にはついていけないと思う、経験者はどうしても自分の経験をとおしてお客様の話を聞き解釈している、だから勝手な解釈で仕事を進めてしまう。 今回婦人の商品を少しかじって感じたことは、まったく仕事のやり方が違う、話は聞いていましたが実際は大違い、固定概念にとらわれていてはいけないなと。 時間をかけたぶんだけいい仕事ができるという言い訳は不要で、それは自分自身言い逃れだと改めて感じた、いかに時間を創るか、できない言い訳をするようでは成長はないし、お客様に笑顔と感動を与えられない・・昨日勉強会の仲間からのメールで「金持ちになる男・貧乏になる男」の本が紹介されました、当たり前と言えば当たり前ですが、これがなかなかできない。 今日も素晴らしい一日にします・背筋をしっかり伸ばして・大きな問題に対処します。 感謝

問題は成長につながると信じて!

 問題が多いというのは、苦しくて辛いものだと思います。 起こすつもりなどない、でも問題は毎日やってきますます。 問題の受け止目方次第でいかようにもなりますが、なかなか自分の否を認めたくないから問題を解決するのにややこしくなると思います。 特に海外とのやり取りの中で発生する問題は、なおさらです。 解決できない問題はないと信じて、素直に信念を強く持って乗り越えることが必要だと感じています。 問題の芽を見逃さないように常に報・連・相・確の連続でお客様に信頼を得られるような仕事をしたいものです。 時間がないならないなりに考えて、考えて、今与えられている命を精一杯使って・絶対積極精神を大切に。 最近特に感じるのは、当たり前のことができていないことに気が付きました。 昨年と同じものを値段が安いからと言って提案してみたり、大いに反省しています。 こんな時だからこそ大きく成長できると信じて来期にむかって計画を立てていきます・・問題や不安を成長の種に変えて・・今日も素晴らしい一日にします。  感謝

娘の成長

 先日娘の演劇公演を家族で見に行きました。 中野の小劇場でした・・当初は大きな会場を想像していましたが、50名ほどの小さな劇場でした。 演劇を見たのはずいぶん久しぶりです。 「地上600メートルの足元」最初は何が何だかよくわかりませんでしたが、なるほどという内容でした。 演劇学部に入学して2年目を迎える娘ですが出演が決まってから、毎日遅くまでお稽古をしたようです。 今後演劇の世界を目指す娘にとっては、すべてが肥やしになります、あとは彼女がどう受け止めるかで今後の活動は変わってくると思います。 やるからには上を目指してほしいと思うのは、親バカですが・・長男とも話していましたが、娘より見ている私たちのほうが緊張したのは不思議な感じでした。  娘と同じようにわが社も大きな岐路を迎えています、世の中の藻屑と消えてなくなるのか、役に立って生き残れるのか・どちらにしても信念を強く持って事に当たるしかないと思います。 お客様と一緒に出張予定でしたが、お客様の都合が悪くなり・・残念。 お客様に夢と笑顔と感動を与え続ける会社目指して、出張してきます。  今日も素晴らしい一日になりますように・・背筋を伸ばして頑張ります。

2年ぶりの台湾

 中国ばかり出張していて、台湾は2年ぶりです・・変わった点は注意してみないとよくわからないです。 やはり上海のほうが都会だと感じました。 勢いが違いますね、ゆくゆく日本も台湾のようになるのでしょうか? 少し不安になりました。 変化するのは、よくなりたいから、もっといい環境で、もっと良い暮らしを、とかがエネルギーの根源だと思います。 島国であるがゆえになのでしょうか・・しかしイギリスはずいぶん違うとロンドンオリンピックの特集の中で感じました。 難しいところですが、やはりグローバルにとらえていかないといけないと痛感しました。 まだまだやるべきことはあると・・なぜ台湾にきたか・やはり中国の工場のレベルではお客様の要望に応えられなくなってきたからです・・少し販売先が変化した結果です・・でもまだまだです・・現状は火の車ですが、信念を強く持って乗り越えますよ、楽しんでいます。 今日も背筋を伸ばして頑張ります、台湾は湿気が多くて・・ダイエットできないかなと言いながら明日は東京です。 感謝