はかどらない

 いままでの付けが回ってきた、見直すことは大切だと改めて感じました。一気にやろうとすると無理が生じるいい例でした。今年は私自身、次のステップのための基盤かためを考えて在社時間を多くとるように決めました、今まで出張ばかりで見えなかったものをしっかり精査するのが狙いです。 数年で大きく事業の転換を迫られる時に備えての準備と前線部隊から後方支援に回るためです。 めまぐるしく変化する状況で自分がその渦の中にいたらわからないと気が付いたのと、いいスタッフに恵まれたからです。 今のお客様に対してわが社ができる最高のサービスをしっかりやれれば必ず芽は出てくると確信しています。 まだ椅子にずっと座っている違和感はありますが、大切なことだと感じています。 今日明日と、豊橋の勉強会の友人のお父様の葬儀です・・瓦屋の大将でいいお父さんでした、友人の悲しみを思うと何とも言えませんが、覚悟していたことだから、これからしっかりやっていくと思います。 経験はしっかり残ります、私もこの一年が運命の分かれ道だととらえています、世の中から必要とされているのか試される時期に来ています、不必要な会社にならないよう、笑顔と積極的精神でお客様に夢と希望を提供していきたいと考えています。 今日は、友人の悲しみの雨ですが、きっとすべてをきれいに流してくれる恵みの雨ですね、素晴らしい一日にします。  感謝