娘の成長

 先日娘の演劇公演を家族で見に行きました。 中野の小劇場でした・・当初は大きな会場を想像していましたが、50名ほどの小さな劇場でした。 演劇を見たのはずいぶん久しぶりです。 「地上600メートルの足元」最初は何が何だかよくわかりませんでしたが、なるほどという内容でした。 演劇学部に入学して2年目を迎える娘ですが出演が決まってから、毎日遅くまでお稽古をしたようです。 今後演劇の世界を目指す娘にとっては、すべてが肥やしになります、あとは彼女がどう受け止めるかで今後の活動は変わってくると思います。 やるからには上を目指してほしいと思うのは、親バカですが・・長男とも話していましたが、娘より見ている私たちのほうが緊張したのは不思議な感じでした。  娘と同じようにわが社も大きな岐路を迎えています、世の中の藻屑と消えてなくなるのか、役に立って生き残れるのか・どちらにしても信念を強く持って事に当たるしかないと思います。 お客様と一緒に出張予定でしたが、お客様の都合が悪くなり・・残念。 お客様に夢と笑顔と感動を与え続ける会社目指して、出張してきます。  今日も素晴らしい一日になりますように・・背筋を伸ばして頑張ります。