家族の別れ

 昨晩は、勉強会の仲間のお父様が他界されお通夜に参列しました。 病気療養中でしたが、突然急変されだれも見届けることができなかったそうです。私も2回ほどお話を伺いましたが、明るい人でした。 友人は御父さんからどんなバトンを受け取ったのかこれからが心配でもあり、昨晩のあいさつを聞く限り素晴らしい二代目になると確信しました。 何のために生きているのか、やはり家族のためだろうと思いました。 私の場合は、家族は会社のみんなも家族です、もっともっと精進して立派な人になりたいと思った今日この頃です。 しかし、豊橋は遠いですが、よく現役勉強会3年間通ったものだと感心します、お父さんも、我慢していただいたんだと改めて、感謝しています、理解がなければ彼はやめていたでしょう、そいたら今の私たちとの関係もありません。 すこしおちゃめな彼も今日を限りに地に足を付けて社長・長男・父親・旦那・4役をしっかりこなしていくと、又一回り大きくなりますね。 今日も素晴らしい一日にします、葬儀にはやはりいけません、会社からお祈りします。 感謝