集金

 30数年の商売を通して初めて集金に伺います。 そんな基本的なことを経験していないことに気がついた。 集金業務に何が必要なのかも戸惑ってしまった。 サラリーマンの時も呉服事業部の先輩方はそれぞれの担当地域で集金業務されていた記憶がありますが、私達アパレル事業部は振込先がほとんど、しかし共通のお客様である地方の問屋さんは呉服事業部も必ずあったので私達の売上も集金して頂いていた事を思い出した。 今日は新鮮な気持ちで感謝の気持ちを込めて集金に行くことを心掛けます。  アパレルはなかなか現状売上不振で利益を出しにくいなかで試行錯誤していますが、もう一度商いの基本に帰って考え直すいい機会だと思いました。ただ物を売るだけでは長く続かないと思いますし、安ければ売れるのかという問いにも疑問を感じます。私達のもの作りの想いをお客様にしっかり伝えられるようなもの作りを常に考えていかないと、継続は不可能だと。ただ流行を追い求めるのではなく本物・原点を集金という商いの基本業務を通して学んでいきたいと思います。